外国為替の変動する主な要因

Home / Uncategorized / 外国為替の変動する主な要因

外貨両替をする時は、外国為替レートに寄ってその金額が変動しますが、ではそのレートはどのような事で変動するのでしょうか。その代表的な例のひとつが、貿易収支です。例えば日本の輸出での収益が、輸入での支出より増えて貿易黒字になると、海外で売った代金を円に変えようとするため、円の需要が増えてしまいます。貿易相手がアメリカであれば、ドルを円に変えるためドル安の円高という状態になります。逆に輸出より輸入が増えて、赤字になっていると、収入を増やすために円をドルに変えて商品の取引をするので、ドル高円安になります。

他にも景気等による変動もあるかもしれません。日本で景気が良くなれば、海外から日本への株式などの投資が増えます。そうすると投資するために円が必要になるため、円が買われて相対的に他の通貨が安くなっていきます。逆に不景気になれば他の国への投資や出資を増やそうと思う人が増えるかもしれません。そうなれば今度は円安になり、他の通貨の価値が相対的に上がります。

それ以外にも国内外での金利差による影響もあります。銀行での金利が日本より海外の方が高ければその国へお金を変換して、貯蓄するようになるかもしれません。そうなれば円安が発生します。上記のような国内外の経済的な要因をファンダメンタルズといいます。

それ以外にも変動する要因はあります。例えば戦争やテロ等による、国際的な情勢不安が発生した時、要人の死亡や失脚、逆に思い切った発言等をして注目を集めたりすると、早めに投資や外貨両替を行おうとする人が増え相場が変動します。また、他にも噂等によって変動してしまう場合もあります。レートはあくまで人間同士の取引の上で成立するものなので、そういった数字以外の要因によって変動してしまうことも多々あるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *