ドル紙幣を円紙幣に民す時にも手数料がかかる

Home / Uncategorized / ドル紙幣を円紙幣に民す時にも手数料がかかる

外貨紙幣というものは、数字だけの移動であればリスクも少ないし、もしあっても、直に対応ができます。

ところが、紙幣というものになると、資金コストというものがかかります。特に現金の輸送には保険料もパカにならないので、通帳上のお金の移動だけならばまだしも、それが紙幣ともなれば銀行などの負担はさらに増えます。

当然ドルを円にする時にも、ドル紙幣の移動がありますので、実際に手にするのが囲内の紙幣であっても、やはり2円の手数料が必要になります。これはTTB(対顧客電信買相場)という、銀行がドルを買うレlトに2円の手数料を1ドルにつきつけるからです。

要するにドル紙幣を円紙幣に替えるならば、銀行の手元にドル紙幣が残るので、その扱いに困り、リスクが発生し、「その分の代金をいただきますよ」というのが銀行がとる2円の手数料なのです。銀行も商売ですから、例えリスクがなくても、逆に儲けが出ても、手数料はいつでも顧客からとるということにしているわけです。

銀行は最悪のことを考えて為替取引において、手数料をとっているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *