貿易収支

Home / 貿易収支

貿易収支とは海外と商品の取引をすることによって生じる収支のことで、輸出が輸入を上回って貿易黒字が増えると海外で売った商品の代金を円に替えるために、米国との場合を例にすると、 ドル売り円買いが多くなりドル安円高要因になります。一方で輸入が輸出を上回って貿易赤字が増えると同様に米国との場合を例にすると商品の代金をドルで払う ためにドル買い円売りが多くなりドル高円安要因になります。

日本の景気が良くなれば海外らの日本の株式などへの投資が増えます。日本での投資を増やすには円が必要になるので、円が買われて強くなります。一方で日本の景気が悪くなれば資金はより高い利益を求めて海外に流れます。日本の株式が下落すれば、日本株を売って米国への投資に切り替える人も出てくるでしょう。すると円が売られドルが買われ やすくなるのでドル高円安になります。国内金利が海外の金利より低い場合、外貨での運用が増えます。例えば 日本よりも米国の金利のほうが高い場合、 ドルで運用をするのにはドルを買って円を売る必要があります。この場合ドル高円安になります。

単に為替差益だけを狙った取引のことをいいます。代表的な例として はヘッジファンドが挙げられます。一度に巨額の売買を行ってときには外国為替市場が大きく変動することもあります。