外国為替取引とは

Home / 外国為替取引とは

東京外国為替市場で為替取引が行われています。

「為替」とは現金の輸送を伴わないで債務・債権を決済することです。

国内同士の取引を「内国為替」、海外との取引を 「外国為替」といいます。

私達にも身近であり、通貨の売買を行うときに使われる交換としての「外国為替」があります。この 「交換比率」のことを外国為替レートといいます。商社や輸出入業者は銀行と、また銀行同士では国内外を問わずに直接、 または為替ブローカーを通じて外国為替取引を行っています。例えば海外旅行で米国に行く場合、日本円(以下円)を持っていってもごく一部のお店でなければ使うことができません。なぜならアメリカで使われているお金は米ドルだからです。そこで手持ちの円をドルに替える必要性が出てきます。 手持ちの円をドルにする方法はいろいろありますが、一番手っ取り早 いのがドルを扱っている近くの銀行に行って両替することでしょう。そしてとのときに使われる交換比率が外国為替の取引レートになるのです。