基軸通貨

Home / 基軸通貨

自国通貨建てのドル/円相場の場合は、 ドルを基準にするのでドルが基軸通貨になります。また他国通貨建てであるユーロはユーロを基準にするので、ユーロが基軸通貨になります。

しかし、一般的には基軸通貨というと、その汎用性の高さからドルのことを指します。基軸通貨になると各国中央銀行の外貨準備金として蓄えたり、企業で海外との貿易のやり取りに使われるなど重要な役割をしています。今では、第2の世界的な基軸通貨としてのユーロの力も強まってきました。けれども、依然として基軸通貨としてドルは世界経済において重要な役割を持っています。ドルは基軸通貨として世界経済に重要な役割を持っています。普段私達は給料や年金は円で受け取りますし、何かを買ったり売ったりするときも円で取引するため世界中で一番取引されているのが円であるような錯覚に陥ってしまいますが、円はアジア地域の一通貨に過ぎません。

市場関係者はいつも「ドル」を中心に考えています。ですから上がったといえばドルが上昇、下がったといえばドルが下落したことを指しています。テレビなどでは円を中心にしているので「円安円高」という表現を使います。ドルを中心に考える習慣をつけると海外から見た日本の今の姿などを認識できて、新しい世界が見えてくること間違いなしです。