スワッブポイン卜

Home / スワッブポイン卜

スワッブポイン卜(金利)とは、 2種類の通貨の売買によって発生するものです。 2国間の金利差調整のことを指します。金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を買っているときに、その金利の差額分の受取りが発生し、反対に金利の高い通貨を売って金利の安い通貨を買う場合に、金利の支払いが発生します。「スワッブポイント」は 1日単位で受払いが行われ、ポジションを持った日数分累積します。

それでは、なぜ金利差(スワッブポイン卜)が発生するのか仕組みを見てみましょう。

例えばドル/円で1万ドルを$1 = 120.00 円で買った場合、金利差を受け取れます。

先に述べたように差金決済の保証金を預けていますが、売買のため、 1万ドルを買うための資金はありません。売り戻すことを条件に 1万ドル分の円貨、 この場合 120万円を借りてきます。そして 120万円支払って 1万ドルを買い、 それを預けます。このとき毎日借りてきた 120万円の金利を支払い、預けて いる 1万ドルの金利を受け取ることになります。